ヘロドトスの『歴史』

歴史文献
PR

概要

ヘロドトスの『歴史』は、古代ギリシャの歴史家ヘロドトスによって紀元前5世紀に執筆された重要な歴史書です。

ヘロドトスは古代ギリシヤからエジプト、ペルシャ帝国に至るまでの歴史的出来事を詳細に記録し、古代の世界の事象や文化に関する貴重な情報を記しています。

時代背景と文化的背景

『歴史』は紀元前5世紀に執筆された古代ギリシャの歴史書で、ギリシャがペルシャ帝国との戦争を経験し、古代文明が栄えた時代に位置しています。

この時期は古代ギリシャ文化の黄金時代とされ、哲学、芸術、政治などが繁栄しました。

主要な登場人物

ヘロドトス自身が『歴史』の主要な登場人物の一人であり、彼は古代ギリシャとその周辺地域に関する情報を集め、編纂しました。

アケメネス朝ペルシャ帝国の王クセルクセス1世、アテナイの政治家テミストクレス、ペルシア戦争の英雄でスパルタ王のレオニダス王など、歴史上の重要な人物も多く登場します。

要約

第1巻:クロイソスの物語

ヘロドトスの語り部としての登場と、リディア王国のクロイソスの物語が紹介されます。
クロイソスの富、彼の訪問した神託所、そしてペルシャ帝国への警告について記述されています。

リディア王国などの時代については[1-2.9]オリエントの統一と分裂をご覧ください。

第2巻:エジプトの歴史

エジプトの歴史、文化、風習に関する情報が記されてます。
ナイル川の特徴やエジプトの王たち、ピラミッド建設についての詳細な説明が含まれまています。

エジプトについては[1-2.4]エジプトの統一国家[1-2.5]エジプトの宗教と文化をご覧ください。

第3巻:エジプトとペルシャの対立

ナイル川とエジプトに関する記述が続き、エジプトとペルシャの歴史的な対立に焦点が当てられています。

第4巻:ペルシャ戦争の背景

ペルシャ帝国の成立と、ギリシャとペルシャの衝突について詳しく説明されています。

第5巻:ペルシャ戦争の進行

ペルシャ戦争の経過、テルモピュライの戦い、サラミスの海戦など、重要な戦闘についての記録が含まれています。

第6巻:ペルシャ戦争の結末

ペルシャ戦争の結末、ギリシャの勝利、クセルクセスの帰国についての記述が記されています。

第7巻:ヘロドトスの世界観

ヘロドトス自身の哲学的な観点や人種についての考察が含まれています。

第8巻:各国の風俗と歴史

エジプト、ペルシャ、スキタイ、リビュア、ギリシャなど、各国の風俗や歴史についての記録が記されています。

この書は事実に基づいているだけでなく、伝説や風俗、文化に関する興味深い情報も含まれており、古代ギリシャやその周辺の文化に関する貴重な資料となっています。

PR

まとめ

ヘロドトスの『歴史』は歴史学の基礎を築いた重要な文献であり、古代ギリシャから周辺地域までの歴史や文化に関する知識の宝庫です。

この書は古代ギリシャ文化の魅力や古代の世界の複雑な政治的状況を理解するために不可欠なものとされて、後代の学者や歴史家に多大な影響を与えました。

[参考文献]
ヘロドトス. (紀元前5世紀). “The Histories.”
トムリン, ロビン(2006年)。”Herodotus in Context: Ethnography, Science, and the Art of Persuasion”

コメント

タイトルとURLをコピーしました