長恨歌

歴史文献
PR

概要


「長恨歌」(ちょうこんか)は、中国の古典文学における詩の傑作であり、唐代の文学巨匠、白居易(はくきょい)によって詠まれた詩です。

この詩は、その美しい表現と情感豊かなストーリーにより、中国文学の至宝と称されています。

時代背景と文化的背景


「長恨歌」は、8世紀の唐代に成立しました。この時期は、中国の文化と芸術が隆盛し、詩や文学が栄えた時代であり、文化の黄金時代として知られています。

唐の黄金文化については[2-4.4]唐初期の文化②(国際性と宗教)をご覧ください。

主要な登場人物


この詩には具体的な登場人物は現れませんが、詩の中心的なテーマは、玄宗(げんそう)帝と楊貴妃(ようきひ)の禁断の愛に関連しています。

玄宗の治世については[2-4.7]安史の乱と社会変化をご覧ください。

楊貴妃は詩の中で美しさと哀愁を象徴し、彼女の愛と美に対する詠嘆が詩の中心です。

物語の要約

「長恨歌」は、唐代の詩人白居易によって詠まれた詩で、その美しさと感情豊かなストーリーで知られています。

詩は、唐の玄宗帝が楊貴妃という美しい女性に出会い、彼女の美しさに魅了されるところから物語が始まります。楊貴妃は桃花扇を持ち、その美しさで帝王の心を射止めます。玄宗帝と楊貴妃の間には深い愛情が芽生え、楽しいひとときを過ごします。この愛情と美しさが詩の中で称賛されます。

しかし、物語は急転し、安史の乱がきっかけで楊貴妃は後宮から追放されます。詩は彼女の後宮からの追放と、玄宗帝との別れを詳細に描写します。楊貴妃の美と愛に対する玄宗帝の後悔と悲しみが、詩に深く込められており、愛と別れのテーマが詩の核となっています。

「長恨歌」は愛と別れ、短い幸福の瞬間を称える感動的な詩として、中国文学の至宝とされています。この詩は美しさ、愛情、哀愁を詩的に表現し、多くの読者に感動と共感をもたらしました。

安史の乱については[2-4.7]安史の乱と社会変化をご覧ください。

PR

まとめ


「長恨歌」は中国文学の至宝であり、その美しい言葉と感情豊かな詩風は多くの文学作品や音楽に影響を与えました。

楊貴妃と玄宗帝の愛と別れを通じて、詩は愛と別れ、短い幸福の瞬間を称える感動的な作品として、中国文学の中でも特に重要な位置を占めています。

[参考文献]
白居易. (8世紀). “長恨歌.”(中国古典文学)
高, 創文(2012年)。”白居易の『長恨歌』の語用論的研究”(中国文学研究論叢)

コメント

タイトルとURLをコピーしました