史記

歴史文献
PR

概要

「史記」(しき)は、中国古代の歴史書で、前漢の司馬遷(しばせん)によって編纂されました。この書は中国古代史の重要な出来事や人物を詳細に記録し、中国古典文学の中でも特に重要な位置を占めています。

前漢については[2-2.2]秦の滅亡と前漢の成立[2-2.3]前漢の政治などをご覧ください。

時代背景と文化的背景

「史記」は前漢時代の紀元前109年から紀元前91年にかけて執筆されました。この時期は中国の歴史と文化が発展し、中国古典文学の黄金時代の一つとされています。

漢の文化については[2-2.6]漢の文化をご覧ください。

主要な登場人物

「史記」には数多くの歴史上の重要な人物が登場しますが、その中でも主要な登場人物には、始皇帝(秦の始皇帝)、劉邦(前漢の創始者)、司馬遷(史記の著者)などがいます。これらの人物の生涯と業績が詳細に記録されています。

始皇帝については[2-2.1]秦の統一と始皇帝

劉邦については[2-2.2]秦の滅亡と前漢の成立[2-2.3]前漢の政治

司馬遷については[2-2.6]漢の文化などをご覧ください。

物語の要約

「史記」は全24巻から成り、以下のように構成されています。

  1. 本紀(ほんき):中国の歴代の皇帝や王朝の興亡が詳細に記録されています。始皇帝から前漢の時代までの王朝が網羅されており、政治的な出来事や改革、皇帝の治世などが細かく記述されています。
  2. 表(ひょう):本紀と連動して、歴代の皇帝や王の在位期間や家系を一覧で示すための表です。
  3. 書(しょ):中国古代の重要な文化や制度、宗教、法律に関する情報が含まれています。例えば、『太公望列伝』や『孟子』など、さまざまな分野に関する書物が記載されています。
  4. 世家(せけ):中国古代の名家や名門の家系に関する伝記です。王侯貴族の家系や業績が詳細に紹介されており、社会的な階層と人物の関係が解説されています。
  5. 列伝(れつでん):著名な武将、文化人、政治家、学者、官僚、外交使節などの伝記が含まれています。この部分では、各人物の業績、性格、功績、名言などが紹介されています。

物語の要約としては、史記は中国古代の歴史や文化の進化を包括的に記録しており、特に王朝の興亡や重要な人物の生涯に焦点を当てています。例えば、秦始皇帝の統一中国、劉邦の前漢建国、また儒家の思想家である孟子の教えなど、中国古代の重要な出来事や人物が詳細に記録されています。

PR

まとめ

「史記」は中国古代史の宝庫であり、中国文化と歴史の理解に欠かせない書物です。その詳細な記録と多彩な人物像は、中国古代の栄光と挫折を伝え、後代の文化や政治にも影響を与えました。この書は中国文学と歴史学において不朽の価値を持つものとされ、中国文化の一翼を担っています。

[参考文献]

  • 司馬遷. (紀元前91年). “史記.”(中国古典文学)
  • 韓, 愈(1980年)。”『史記』の思想”(中国文学研究)

コメント

タイトルとURLをコピーしました