[1-4.1]中国文明の誕生

1-4.中国の古代文明

世界史を手軽に学びたい方に向けて授業形式でブログ記事を書いています。このブログから世界史を深めてくれると嬉しいです。「問い」の設定や記事の最後にはパワーポイントもダウンロードできます!それではスタンダード世界史探究をどうぞ!

※1記事で教科書0.5~1ページほどの文量です。実際の授業は記事複数分に相当すると思いますので、MQ、SQの設定などは各自で自由にアレンジしてください。

PR

はじめに

グシャケン
グシャケン

古代文明もオリエントから始まり、南アジアを経てついに東アジアまで広がってきました。

ここまで来るとグローバル感が出てきますね。

今回の初期文明はその後の秦や漢といった代表的な大国の基礎となっていきます。

日本文化にも影響を与えている馴染み深い中国古代文明。そのルーツを一緒に見ていきましょう!

東アジアの文化

MQ:東アジアの気候の違いは、各地の生活にどのような影響を与えたのか?

今回の時代はここ!

出典:『詳説世界史研究』山川出版社
PR

東アジアの環境と人々

まず東アジアとはどこを指すのでしょうか?

主に東アジアは、現在の中国にあたるユーラシア大陸の東側とその沿岸にある島々を指します。

具体的には、中国、朝鮮半島、ベトナム北部、日本列島のあたりを指す範囲です。

東アジア

SQ:東アジアの歴史はどのような環境で作られたのか?

東アジアの気候は中国に流れている2本の川を基準に考えると非常にわかりやすいです。

それが北の黄河と南の長江です。略図を使うなどすると視覚的にも見やすくなります。

出典:エミグレプロ「小学生でも分かる中国史: 皇帝と戦乱 激動の歴史」https://tskun.com/c/chinesehistory/
黄河と長江

北の黄河流域は、降水量が比較的少ない地域なので畑作が中心になっています。

中国東北地方や朝鮮半島北部は緯度が高く寒冷なので、畑作は難しく狩猟・採集が生活の中心でした。

こちらは現在では乾燥に強い小麦などが採られていますね。

対して南の長江流域は季節風(モンスーン)の影響で、降水量が比較的多く湿潤な気候のため稲作が中心でした。

ベトナム北部や朝鮮半島南部、日本列島もこれに当てはまりますね。日本はもちろんのこと、ベトナムの伝統料理のフォーなども米が使われてますもんね。

簡単に東アジアをまとめるとこんな感じです。

東アジアの気候

黄河流域・・・降水量が少なく寒冷、畑作が中心だがさらに北部は狩猟・採集が中心

長江流域・・・降水量が多く湿潤、稲作が中心

東アジアの気候

東アジアと隣り合わせのモンゴル高原には草原が広がっていて、移動しながら物々交換で生計を立てる遊牧地帯になっています。

タリム盆地の砂漠にはオアシスがあり、そこでは灌漑農業も行われています。

遊牧民オアシスについてはこちら!

こうした草原やオアシスは人とモノの移動が活発なので、中国文明にも進入してきて度々影響を与えていくことになります。

これらの人々があの「オアシスの道」や「草原の道」、「海の道」などのシルクロードを作っていくんですね。

東アジアの気候

この多様な環境と人々の交流が現在、多くの言語や文化を形作っていきます。今の中国だけ見ても民族だけで、、、

中国の構成民族

・漢民族(約9割)・ウイグル族・チベット族・チワン族・朝鮮族・回族 など計55の少数民族

まさに多様性ですね。

SQ:東アジアの歴史はどのような環境で作られたのか?

黄河流域では畑作が中心で、さらに北では狩猟・採集が行われており、長江流域は温暖湿潤で稲作が中心だった。東アジアに隣接する草原や砂漠地帯では遊牧民やオアシスを中心に商業が発達し、中国にも進入してくることで中国文化に影響を与えた。これらのことから東アジアでは多様な環境から、言語や文化が多様化していきそれらが混在する歴史が作られていった。

現在では一部の少数民族は自治区が設定されており、その意義や独立を求めて中国国内で運動が行われています。歴史がわかるとこういったニュースも理解できるようになるので興味深いですね。

PR

中国文明の発生

この古代中国文明も2本の大河(黄河、長江)を中心に発展します。

歴史法則

古代文明は大河を中心に誕生する

まさにこれですね。

前6000年頃になると、黄河流域でアワなどの雑穀の栽培が始まり、長江流域でもが栽培されるようになります。

中国の初期農耕

今から約8000年前ですから、その時代から農耕があったなんですごいですね。笑

仰韶文化

そして前五千年紀には黄河の中流域で新石器文化の遺跡が発見されます。

その遺跡は、彩文土器彩陶)が特徴でその発見地から仰韶(ぎょうしょう)文化と呼ばれています。

さすが中国文明、漢字が難しいですね。笑

この集落には環濠があり、竪穴式住居に住んでいました。遺跡から強力な指導者はいなかったと考えられています。

同じ時代に長江では人工的な水田による稲作中心の河姆渡(かぼと)文化が発達しました。

東北では狩猟・採集と合わせて雑穀の栽培が行われてました。祭祀に使う玉器などが発見されていて、祭祀を通じて地域が統合されていたことがわかっています。(紅山文化(こうざんぶんか))

そして前三千年紀には、黄河流域に西から伝わったが栽培され、羊などの飼育も始まりました。現在でも北部では小麦が栽培されていますね。

竜山文化

この頃から黄河中・下流域で黒陶が特徴の竜山(りゅうざん)文化が出現します。この文化も黒陶が発見された竜山鎮からつけられました。

仰韶文化と竜山文化
出典:『詳説世界史探究』山川出版社

この竜山文化では、大規模な城壁をもつ集落が現れます。

SQ:竜山文化の集落にあった大規模な城壁は何を意味するか?

城壁は何を意味するのか?

当時の城壁は土を高く積んで固めたシンプル「土壁」でした。

それは以前にも「エーゲ文明」でも触れましたね。そう、城壁は敵からの攻撃を防ぐためにあったんです。

エーゲ文明についてはこちら!

各集落は人口の増加に伴い、資源や利権を奪い合う形で闘争していたんですね。

戦うということは、勝敗があり負けた側は勝った側に支配されることになります。

SQ:東アジアの歴史はどのような環境で作られたのか?

城壁は集落間で資源などの利権をめぐって闘争があり、集落の上下関係が形成されていたことを意味する。

有力な集落が大規模化し、周辺に小規模集落を従える状態になっていくと最終的に何にたどり着くでしょうか?

そうですね、そこから国家が誕生し文明がつくられていくんです。

この竜山文化は周辺の文化を吸収していき、発展しながら次回で扱う黄河文明の(いん)を生み出すことになります。次回の[15]殷・周をご覧ください。

PR

まとめ

MQ:東アジアの気候の違いは、各地の生活にどのような影響を与えたのか?

A:黄河流域の少雨地域では雑穀栽培が中心で、のちに麦の栽培や羊の飼育がおこなわれた。東北部の寒冷地帯では雑穀に加えて狩猟・採集も行われていた。長江流域では温暖で湿潤な気候を活かして、人口水田を利用した稲作がおこなわれた。

今回はこのような内容でした。

このように東アジアではさまざまな環境から各文化が誕生しました。それらが統合されていき国家が誕生します。

なので、中国文明は長い歴史を通して多様的だからこそ複雑な興亡を歩んでいくことになります。

中国文明は長いですが、気長に一緒に頑張っていきましょう!

次回は今回の文化を吸収して誕生する中国文明のルーツ「殷・周しゅう王朝」です!お楽しみに!

「愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ。」by ビスマルク

この記事で使用したPowerPointスライドのダウンロードはこちら↓

コメント

  1. さとちゃんこ より:

    今回も分かりやすい解説をしていただきありがとうございます!

    • mk-history mk-history より:

      そう言っていただきありがとうございます。今後も精進していきますので、何かご指摘があれば教えてください。

タイトルとURLをコピーしました