4-2.ギリシア文明

[4-2.13]ギリシア文化③(歴史、建築、美術)

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はギリシア文化の中でも“歴史”と“建築”、“美術”についてです。これらはいったいどんな特徴があるんでしょうか? それでは一緒にみていきましょう! MQ:ギリシア建築や美術の...
4-2.ギリシア文明

[4-2.12]ギリシア文化②(哲学)

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はギリシア文化の「哲学」と「自然科学」です。文学とは打って変わってギリシア人たちの真理探究の経緯をみていきましょう! MQ:ギリシア哲学はその後の世界にどんな影響を与えたか...
4-2.ギリシア文明

[4-2.11]ギリシア文化①(文学)

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はギリシア文化の中でも「文学」について焦点を絞ってみていきたいと思います。 それでは一緒にみていきましょう! MQ:ギリシア文学の特徴とは? 今回の時代はギリシア文明全体を...
史料集

アリストファネスの『女の平和』『女の議会』

概要 『女の平和』と『女の議会』は、古代ギリシアの喜劇作家アリストファネスの作品です。 これらの作品は、女性が主導となり、戦争を終わらせるために行動を起こすという共通のテーマを持っています。 歴史的背景 『女の平和』は、ペロポネソス戦争の最...
史料集

エウリピデスの『メデイヤ』

概要 『メデイヤ』は、古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人であるエウリピデスによるギリシア悲劇です。 この作品は、ギリシア神話に登場するコルキス王女メデイヤの晩年におこったとされるコリントスでの逸話を劇化したものです。 ギリシアの神々については...
史料集

ソフォクレスの『オイディプス王』

概要 『オイディプス王』は、古代ギリシア三大悲劇詩人の一人であるソフォクレスが書いた劇作です。 物語はテーベの王オイディプスを主人公とし、彼の運命的な破滅を描いています。 物語の背景は、オイディプス神話に基づいています。 この神話はギリシア...
史料集

アイスキュロスの『アガメムノン』

概要 『アガメムノン』は、古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人であるアイスキュロスによるギリシア悲劇の一つで、「オレステイア」三部作の中の一篇です。 この作品は、トロイア戦争におけるギリシア側の総大将であるミケーネのアガメムノンを題材としていま...
史料集

サッフォー(ギリシア女性詩人)

概要 サッフォーは古代ギリシアの女性詩人であり、その作品は美しさと感情の深さで広く賞賛されています。 彼女の詩は、情熱、恋愛、そして様々な人物や性別への愛情を大きく取り上げています。 しかし、彼女の詩は、彼女自身が体験したことをどの程度反映...
史料集

ヘシオドスの『労働と日々』

概要 『労働と日々』は、古代ギリシアの詩人ヘシオドスが紀元前700年頃に書いた叙事詩で、ヘシオドスの主要な二つの作品の一つです。 この詩は、労働こそ人間のすべてであり、働くものだけが得ることができるということを説いています。 ヘシオドスの『...
4-2.ギリシア文明

[4-2.10]アレクサンドロス大王とヘレニズム時代

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はフィリッポス2世の後を継いだアレクサンドロス大王が世界帝国を打ち建ててヘレニズム時代を築く過程をみていきます。 ヘレニズム時代とは何でどんな意義があったのでしょうか? そ...