4-1.アケメネス朝、パルティア、ササン朝

[4-1.2]セレウコス朝、バクトリア、パルティア、ササン朝

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 今回はアケメネス朝滅亡後の西アジア諸国についてです。パルティアとササン朝の繁栄はいったいどんな要因があったのでしょうか? それではみていきましょう! MQ:パルティアとササン朝の繁栄にはど...
4-1.アケメネス朝、パルティア、ササン朝

[4-1.1]アケメネス朝ペルシア

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回から西アジアと地中海世界をみていきます。今回は古代オリエント時代でも出てきた大帝国アケメネス朝についてです。なぜアケメネス朝は大帝国を築くことができたのでしょうか? それで...
3-3.東南アジア

[3-3.4]東南アジア諸島部(スマトラ島、ジャワ島)とベトナム

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回は、東南アジアの諸島部とベトナムについてです。上座部仏教が広まった大陸部に対して諸島部ではどんな文化根付いたんでしょうか? それでは一緒にみていきましょう! MQ:諸島部や...
3-3.東南アジア

[3-3.3]東南アジア大陸部②(カンボジア、ビルマ、タイ)

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回は前回の大陸部の国家形成の続編になります。「インド化」がおこったあと、東南アジアではどんな文化が根付いたんでしょうか? それでは一緒にみていきましょう! MQ:大陸部各国で...
3-3.東南アジア

[3-3.2]東南アジア大陸部①(ドンソン文化、扶南、チャンパー)

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回は、南アジア(インド)や東アジア(中国)の文化の影響を受けながら、東南アジアにさまざまな国家が誕生します。 それぞれ各国はインドや中国とどんな関係を持っていたのかを一緒にみ...
3-3.東南アジア

[3-3.1]東南アジアの風土と港市国家

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今ままで東アジア(中国)と南アジア(インド)の文明を見てきましたが、今回からはその間に挟まれた文明圏である東南アジアを見ていきます。 東南アジアの風土は他のアジアや日本と何が異...
3-2.インド古典文化とヒンドゥー教

[3-2.4]ラージプート時代

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はヴァルダナ朝が滅びた後の分裂期をみていきます。諸地域の地方政権はどんな目的で政治をおこなっていたのでしょうか? それでは一緒にみていきましょう! MQ:各地方政権はどんな...
3-2.インド古典文化とヒンドゥー教

[3-2.3]ヴァルダナ朝と仏教の衰退

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はヴァルダナ朝が新たに成立し、仏教活動が盛んになります。しかし、その後仏教は衰退していきます。なぜ衰退していったのか、その経緯を一緒にみていきましょう! MQ:なぜ南アジア...
3-2.インド古典文化とヒンドゥー教

[3-2.2]インド古典文化の黄金期

はじめに グシャケン 前回はこのような内容でした。 グシャケン 今回はインド古典文化が黄金期を向かえます。グプタ朝のもとで宗教や文化はどのように発展していったのか? それらを一緒にみていきましょう! MQ:インド古典文化の黄金期に宗教や文化...
歴史文献

『シャクンタラー』

概要 『シャクンタラー』は、古代インドのサンスクリット文学の傑作であり、劇作家カーリダーサによって書かれました。 物語は愛と運命を中心に展開し、神話的な要素と人間の情熱を織り交ぜています。 時代背景と文化的背景 『シャクンタラー』は、紀元前...