『シャクンタラー』

歴史文献
PR

概要

『シャクンタラー』は、古代インドのサンスクリット文学の傑作であり、劇作家カーリダーサによって書かれました。

物語は愛と運命を中心に展開し、神話的な要素と人間の情熱を織り交ぜています。

時代背景と文化的背景

『シャクンタラー』は、紀元前1世紀頃の古代インドの文化や社会を反映しています。

この時代は王国や修道院、神聖な森林などが文学の舞台となり、ヒンドゥー教の信仰や概念が物語に深く根付いていました。

また、この作品は古代インドの社会構造や宗教的な価値観を表現しています。

主要な登場人物

シャクンタラー

神聖な修道院で育った美しい女性。王ダシャランダとの愛の物語が中心になっています。

ダシャランダ王

森でシャクンタラーに出会い、彼女と恋に落ちる。物語のキーマン。

神々

物語の途中でシャクンタラーと王の運命を左右していきます。

要約

ある日、森で狩猟に訪れた王ダシャランダは、シャクンタラーに出会い、彼女の美しさに心を奪われます。

彼は彼女に恋に落ち、秘密の結婚を結びます。しかし、王は政務のために去らざるを得ず、彼女に将来の再会を約束します。

王が去った後、シャクンタラーは彼の子を身ごもります。やがて彼女は王のもとへ向かい、彼を思い出させるために特別なリングを送ります。しかし、彼女が王のもとへ行く途中、運命は彼女を試すことになります。

森の神々が彼女の記憶を奪い、王もそのことを忘れてしまいます。王は彼女を認識せず、彼女を追い返してしまいます。シャクンタラーは絶望し、神々に訴えますが、王の記憶を取り戻すことはできません。

しかし、物語の結末で、神々は王の記憶を取り戻し、彼女の真実を認めます。王は後悔し、彼女を取り戻そうとしますが、彼女はもう一度神聖な誓いを守ることを選び、森に戻ります。

そして彼女の純粋さと愛情を称えるために神々は彼女を永遠に称え続けることを約束します。

PR

まとめ

『シャクンタラー』は、古代インドの文学と文化の対話を象徴する作品であり、ヒンドゥー教の概念や宗教的な価値観が物語全体に深く組み込まれています。

愛と運命の物語は今日でも多くの人々に愛されています。

『シャクンタラー』が書かれた時代については[3-2.2]インド古典文化の黄金期をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました